トップページ 中村農園のご案内 べっぴん甘恋トマト 商品ラインナップ 購入方法 SHEED HOUSE

 

よくある質問
お客様の声
レシピ
.

中村尚司  オーナー
畑違いの自動車メーカーのエンジニアから農業に転職し、トマト栽培を始めて12年目になります。
私は生き生きとしていて、一年を通して美味しく食べれるトマト栽培を第一に目指し、家族皆が楽しみながら栽培に打ち込める環境作りを大切に日々の業務に当たっております。
そんな中で生まれた栄養満点、旨味の濃い”べっぴん甘恋トマト”は私の自慢の一品です。
これからも”また食べたい!”とお客様の心を掴んでいけるトマト作りに、これからも家族と共に研究の日々は続きます。
.
中村仁美  セールスリーダー
私が畑の一角でトマトの直売を始めたのは12年前のこと。
はじめはお客様に接するのが恥ずかしくどうしていいかも分からずのスタートでした。
少しずつ接客にも慣れることが出来、最近では沢山のお客様から、“トマト嫌いの孫がパクパク食べたよ”・“きれいなトマトやね!”・“おいしかったよ!”などのお声をいただき、そんな会話を交わすひとときには幸せがあふれています。
私はそんな日々に幸せをかみしめながら、家族6名と共に、京都嵯峨野の恵まれた自然の中で働けることに感謝しつつ、今日も、京のべっぴん甘恋トマトを販売しております。
.

中村ブライアン  グローアー(栽培)
アメリカのボストンで育ち、結婚を機に京都に移住しました。
半年にわたるトマト栽培の研修を経て、これから本格的にトマト栽培に参戦します!
もともとコンピュータに興味があり、ハウス内の環境をコンピュータで管理することにより、安全でおいしいトマトを安定的に皆様にお届けできるよう頑張ります。
.
中村美里  セールス(経理、電話)
大学生のときに無理をして体調を崩したこともあり、心身に健康な生活に関心を持つようになりました。なかでも『食』に関心があり、自分なりに勉強し、今では健康オタクと言えるほどこだわっています(笑)
結婚し、母となった今、『食』の大切さ改めて感じ、大切な家族の健康を考え日々のごはんを作っています。中村家の食卓には、1日3回毎食、甘恋べっぴんトマトが並びます。
私は、お客様からのお電話の対応、経理、またときにはカフェスタッフとして、皆様が健やかに過ごされるお手伝いができればと願っています。
.

石垣香里  セールス(カフェ、ウェブ)
中村農園にお世話になり4年目になります。
私はトマトの直売小屋”シードハウス”でべっぴん甘恋トマトの販売と親子で遊べるキッズカフェの運営を担当しています。
昔から足を運んでくださる常連のお客様、子供達、そしてそのご家族へとトマトの美味しさを様々な形でお伝えしていくことが私の役割と考えています。
昨年一児の母となり、育児と仕事は大変な面がありますが、美味しいトマトを食べれば癒され、活力が湧いてきます。
同じ様に毎日育児を頑張るお母さま、お子さまに、ホッとする時間、楽しいひと時をトマトと共に過ごしていただけたら嬉しいです。
ご来店心をよりお待ち致しております!
.
森本愛里  グローアー(栽培)
私は中村農園で、トマトの栽培を担当しています。大学で陶芸を専攻した事から土を触ることに興味を持ち実家の家業である農業を一緒にやりたいという気持ちが強くなり、この道を選びました。家族と試行錯誤の末、誠和さんのオリジナルの水耕栽培のひとつ樽栽培を始めることになりました。そして一年間、誠和さんでトマトの研修をお世話になり、現在に至ります。
農業に関する知識は未熟ですが、中村農園の皆で美味しいトマトが作りたいという気持ちを第一に日々勉強しています。
トマトに愛情を注ぎ込むこと、中村農園とトマトを愛してくださる皆さんを大切に。日々精進していけるよう皆で頑張りたいと思っています。

中村農園
〒616-8325 京都市右京区嵯峨野高田町19
電話:075-406-7058 FAX:075-406-7068
営業時間:8時〜16時 
定休日:直売所は年中無休
vegetable&cafe Seed House
週末、金、土、日曜日のみの営業
トップページ べっぴん甘恋トマトとは 商品ラインナップ お問い合わせ
べっぴん甘恋トマトの効果 購入方法 アクセス
中村農園のご案内 べっぴん甘恋トマトが選ばれる理由
vegetable&cafe Seed House なないろの種 お客様の声 サイトマップ
スタッフ紹介 レシピ よくある質問 Q&A プライバシーポリシー